検体の送付方法

  • 検体の梱包は、DNAとRNA検体に関しては、1.5mlまたは2mlスクリューキャップ DNase/RNaseフリー遠心管をお勧めします。パラフィルムを使って、チューブを封じてください。 Novogene社のQC基準に準ずるため、弊社が受け入れ可能なのは1.5mlまたは2mlのチューブです。
  • 検体を入れる溶液はご希望のものをご利用いただけます。ただし無水エタノールまたはイソプロパノール等の有機溶剤は検体の漏れを引き起こしコンタミをもたらす恐れがあるため、使用をしないでください。もし有機溶剤の検体を輸送する場合、スクリューキャップチューブを使い、パラフィルムを10回以上巻いてください。 検体のラベルが溶剤に溶解されないよう、そしてチューブから剥がれ落ちないようご注意ください。油性ペンでチューブの管壁、または蓋に検体名を書くのを強くお勧めします。
  • 輸送中のサンプル容器破損防止のため、サンプルの入った試験管は50 mL チューブや検体箱などにお入れください。チューブを中で固定させるために、緩衝材をご使用ください。 この際、検体情報シート記載内容とサンプルの一致を再度ご確認ください。
  • 検体情報シートを印刷し、検体に同封しご送付ください。 検体情報シートや御見積書・お打合せメールなどの印刷物は、防水のためビニール袋にいれてください。サンプルボックス・検体情報シートなどが入った保冷箱にフタをし、周囲をしっかりテープで固定してください。
  • RNA検体はドライアイスで、ゲノムDNA検体は保冷剤で、唾液検体は常温でご送付ください。 検体情報シートや御見積書・お打合せメールなどの印刷物は、防水のためビニール袋にいれてください。サンプルボックス・検体情報シートなどが入った保冷箱にフタをし、周囲をしっかりテープで固定してください。ドライアイス・保冷剤が必要な際には、弊社から送付いたしますのでお問い合わせください。

備考・注意事項

  • 再調製や再準備が困難な貴重なサンプルは、お取扱いにご注意ください。
  • サンプル容器に記載された名称と検体情報シート記載内容は、必ず一致させてください。同シートがご送付されていない・ご記入漏れがある・記載内容の確認ができない場合など、解析サービスの着手が遅れることがございます。
  • サンプル名表記は、匿名化されたものをご準備ください。個人情報に類似しているサンプル名と推測できた場合、作業着手の前に、ユーザー様の元にてサンプル名の変更をお願いする場合があります。
  • ご送付サンプル数が多い場合は、サンプルリストのエクセルファイルなどを、弊社メールアドレスまで別途送信してください。
  • サンプル種類によっては、作業前に遠心操作を行う場合があります。遠心可能なタイプのチューブをサンプル容器にご利用ください。セラムチューブなどは、お受けできない場合があります。
  • サンプル容器には-80℃以下で壊れない容器を用い、輸送中のドライアイスとの衝突などで容器が破損しないように梱包を行ってください。また、サンプル保存状態を維持するために十分量のクラッシュされたドライアイス(または保冷剤)を同梱してお送りください
  • 輸送時のトラブルに関して、弊社はその責任を負いかねます。
  • 弊社営業日は、土日祝日や年末年始などを除く、平日9時~17時までとなっております。サンプルは、発送者様元払いで、平日発送・平日着でお送りください。週末発送になると、土日は運送会社で宅配状況が一度止まります。月~水曜発送をお勧めいたします。
  • お預かりできるサンプルは、文部科学省が「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律」にて定める P1 レベルのものに限らせていただきます。また、弊社作業者の安全性確保が難しいと判断したサンプルもお受けできかねます。
  • ご送付サンプルおよび作業から生じる知的財産権・工業所有権・安全性・インフォームドコンセントなどの問題について、弊社は一切の責任を負いかねます。
  • お送りいただいたサンプルは、ご返却いたしかねます。実験後のサンプルは、作業終了後、原則として、弊社側にて直ちに破棄いたします。
  • 本確認事項を満たさない事で別途費用が発生した場合、お客様に費用のご負担をお願いすることがあります。